keiむさしのtwitter

無料ブログはココログ

« 仙味洞(世田谷) うどんのようなコシの鴨汁そば | トップページ | 手繰りや玄治(久米川) 自家製鴨ロースと二色せいろ »

2010年5月15日 (土)

吟(小平) 夕暮れの蕎麦前と常陸秋そば

GWの家族イベント。

「銭湯とお蕎麦屋さん」

Dsc02486

武蔵関駅から徒歩10分。

松の湯通りの中央に位置する銭湯、松の湯。

比較的新しく一応露天風呂(?)もあるのだ。

そして何よりうれしいのはロビーで生ビールをいただける。

(もちろん冷たい牛乳もあります)

遠くの温泉より、近くの銭湯

もうひとつうれしいことには 

おいしいお蕎麦屋さん「にはち」が近い。

(この日はお休みでしたが)

Dsc03527

本日向ったのは、西武新宿線小平駅徒歩5分の「手打ちそば吟」。

念のため電話を入れ営業を確認。

18時過ぎ、家族3人で訪れる。

Dsc03530

先客なし。今日は花番さんが一人。

4人用のテーブル席に案内してくれる。

Dsc03533

ここに来たらやっぱりお酒をいただかなくては。

念願の夜の訪問である。

風の森(奈良)

酔右衛門(岩手)

燗で1合ずついただく。

Dsc03532

真いかわさび 正油漬

蕎麦屋の卵焼き

Dsc03531

豆腐ときのこ かき玉

子供には、せいろを注文。

Dsc03534

アテに揚げ蕎麦。

ポリポリいただきながら

酔右衛門の燗をいただく。

うれしいのはまず、冷で一杯味見させてくれること。

おいしいお酒の 冷と燗の表情、両方楽しめるのが、なんともうれしい。

Dsc03536

風の森

大好きなお酒のひとつ。

生酒なので温めると泡がすごい。

旨味のある、燗がとてもおいしいお酒。

全部 器が違うのがすごい。この青いお猪口もすてき。

Dsc03539

真いかわさび 正油漬

Dsc03540

ピリからのイカがお酒に合う。

Dsc03541

子供は先にお蕎麦を。

じゃないと肴をどんどん食べられちゃうのだ

Dsc03542

豆腐ときのこ かき玉

冬にいただいたおいしい牡蠣が忘れられない。

今回は牡蠣なしバージョン。

絶品です。汁がうまい。

玉子ふわふわ、きのこと豆腐に味がしみていて

じんわり体にきく美味さ。あったまる~。

Dsc03545

開運(静岡)

冷もいいけど燗もいい~。

Dsc03544

温めると気泡がたって、香りも立つ。

燗ざましも、またまろやかな表情。これもまたいい。

Dsc03546

最後は

鶴齢(新潟)

冷でとてもおいしいお酒。

燗にすると 味がひらいて、じんわり、おいしくいただける。

お酒は全種類制覇。

二人で飲むといろいろ試せて、うれしい。

Dsc03551

すっかり忘れたころに、ど~んときた。

蕎麦屋の卵焼き

見事なボリューム、美しい。

たっぷりのおろし大根もうれしい。

Dsc03555

時間がかかるはずだ。

この見事な完璧なまでの 薄い層の巻き具合を見よ!

こんな玉子焼きは出会ったことがない。

Dsc03557

バームクーヘンのようだ。

ほくほく出汁がきいて ほんのり甘い感動の味。

Dsc03558

〆のお蕎麦は

せいろ。

連れは重ねせいろ。

常陸秋そばがうれしい。

Dsc03559

Dsc03560

口に含んだ時の蕎麦の香りがいい。喉ごしとわずかなざらつき感。

延々といただいていたい、大好きなお蕎麦。

幸せである

Dsc03561

薬味はおいしいけど、おろし大根以外はほとんど使わない。

(わさびはツマミに、葱はそば湯で全部いただく。)

Dsc03562

Dsc03564

そば湯はとろみがたっぷりあるタイプ。

これがお酒を飲んだ体をやさしく落ち着かせてくれる。

ごちそうさまでした。

ゆったり、たのしい時間を過ごせました。

Dsc03565

蕎麦猪口も3人とも違うの

器も楽しめる素敵なお蕎麦屋さんです。

前回記事:吟(小平) 初訪問!蕎麦前に悦凱陣、宗玄&牡蠣三昧!

石臼挽き手打ちそば 吟

小平市美園町2-9-7

電話042-344-7732

定休日:月曜日(但し不定休。電話で確認した方がよいとのこと)

営業時間:11:30~14:30(L.O.)

       18:00~20:30(L.O.)

« 仙味洞(世田谷) うどんのようなコシの鴨汁そば | トップページ | 手繰りや玄治(久米川) 自家製鴨ロースと二色せいろ »

コメント

鶴齢は静岡ではなく新潟の酒ですよぉ~。

吟さんは仕入れ先の酒屋が酒屋なんで、かなり偏ったランナップですよね。

個人的には好きです。燗上がりする酒ばかりですから。

おいしそうに盃を口にされる様子が目に浮かびます。
「吟」 いいお店ですよね。温かいお蕎麦は特に秀逸です。近くに珍しいお酒を置いている酒屋さんもあるんですよ。
西武線で小平までいらしたのであれば国分寺 中央線もすぐです。是非 こちらにもおいで下さい。

キャミバン様

コメントありがとうございます。
気が付きませんでした。(修正しました
お酒の品揃えは、お店によってカラーがあっておもしろいですね。

多摩はおいしいお蕎麦屋さん多いですね。
国分寺、国立方面も楽しみです。

 別の場所にコメントしてしまいました。正しくは、こちらのコメントです(^^;

  おお、「吟」さんですね! しばらくご無沙汰しています~写真を拝見して行きたくなりました~常陸秋そば、お酒・・・引かれます(^^;

そういえば吟さんも最近行ってないなあ…「卵とじ」が好きです。

松の湯さんの生ビール、たまりませんよね。最低限の乾き物もあるし。この正面の道をひたすらまっすぐ南下するとうちを経由して井の頭公園(笑)

まあやん様

コメ(2回分♪)ありがとうございます。
とても魅力のあるお店です。
蕎麦だけでなく肴がおいしく、お酒の趣味も合う。(私にとってですが(^_^;))貴重なお店です。

tatenon様

まあ、やっぱり行かれてましたか
銭湯で生ビールって最高ですよね。帰り道に「にはち」を通るのでは?

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 吟(小平) 夕暮れの蕎麦前と常陸秋そば:

« 仙味洞(世田谷) うどんのようなコシの鴨汁そば | トップページ | 手繰りや玄治(久米川) 自家製鴨ロースと二色せいろ »

2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30