keiむさしのtwitter

無料ブログはココログ

« 打心蕎庵(代沢 世田谷) 雨のお庭を見ながら常陸秋そば | トップページ | 蕎麦処 ささい(武蔵野市) 初訪問 本格手打ちの二八の鴨せいろ »

2010年4月19日 (月)

もり(高田馬場) 酒肴三点盛りで一人蕎麦前、三色そば

Dsc03135

久しぶりによく晴れた日曜日の午後。

やってきました。

先週に引き続き、またまた高田馬場。

明治通り沿いにある 「手打ちそば もり」を目指して

飲食店でにぎわう駅前の大通りを早稲田方面へと

せっせと歩く。

Dsc03136

高田馬場はラーメン屋の激戦区。

ここに来るまでに、何件あったことか。

しかし蕎麦屋はほとんどない。

(立ち食い蕎麦屋が数件)

時刻は2時前。

中休みがあるからぎりぎりというところ。

のれんをくぐると、

狭い。カウンター席のみ、8席ぐらいだろうか。

しかもほとんど席は埋まっている。

かろうじて一番奥の席が空いていて

腰をかける。

男性客ばかりだ。

しかもあまり蕎麦前を楽しまれている方は いない!?

店主と若い花番さんが、カウンターをはさんで 応対してくれる。

目立っちゃうな~。でもこれが目的の一つだから え~い

「まずお酒をいただきたいんですけど」

と伝える。

Dsc03138

真稜 新潟県佐渡産 グラスでいただく。

お酒は大吟醸以外は全部グラス300円。

うれしいことに一升瓶をカウンター前に置いてくれる。

(写真撮り忘れるが、、)

Dsc03137

アテにそば味噌がうれしい。

固め、甘めで蕎麦の実が香ばしい。

このお酒は初めていただいたがいいお酒です。

華やかさはないが飲み飽きない、切れと程よいコクのあるお酒。

小さいグラスなので、このアテで一杯すぐ飲んでしまう。

Dsc03143

酒肴3点盛。500円です。

これには驚いた。

牡蠣の燻製(自家製ではないとのこと)

板わさ(本わさび付)

クリームチーズイカの塩辛のせ

板わさをおいしいと思ったのは初めて。

(というかあまり注文しない)

やわらかく、はっきり魚の味がして おいしい

Dsc03141

鶴齢 無濾過生原酒 グラスでいただく

Dsc03142

酒肴は一つしか頼まなかったけど

三点盛りで これだけおいしいのだから

他も十分期待できる。

合鴨味噌漬け、和風カポターナ、ナスとトマトのチーズ焼き、

牡蠣の蕎麦粉焼き 全部いただいてみたい

Dsc03145

グラスが小さいのであと一杯はいいでしょ。

雪の茅舎をお願いする。

もうすぐ2時半。

ぎりぎりなのに2組のお客さんがすべりこむ。

お蕎麦は三色そば(950円)をお声かけでお願いする。

Dsc03140

本日の変わりそばは よもぎ蕎麦。

蕎麦は北海道石狩沼田産。石臼挽きの二八。

お酒も程よくいただいた。そろそろ〆のお蕎麦をお願いする。Dsc03146Dsc03147

Dsc03148

Dsc03149

一枚目 よもぎ切り。

少し短めだが きれいな草色、香りも喉ごしもいい。

Dsc03150

Dsc03151

二枚目 もり。

風味があって、喉ごしよく、何もつけないでも

おいしい。

甘さが少しある濃い目の汁に、少しつけていただいても

合う。

Dsc03152

Dsc03154

少しもりが残っているところへ

三枚目 田舎。

細めで表面のでこぼこがよく見える。

これもおいしい。何もつけないで半分ぐらいいただく。

蕎麦らしさが一番味わえるのは田舎かな。繊細な味わい。

残っているもりと比較したり、薬味を入れていただいたり、

最後まで楽しめました。

Dsc03156

そば湯はとても濃厚などろりとした、タイプ。

少し甘めの汁が、また別の表情に。これもおいしい。

Dsc03155

たっぷりいただきました。

ごちそうさまでした。

 この後 向いのバス停から新宿伊勢丹方面へ。

洋服試着でいつものサイズがちょっときつい!!

お蕎麦の大盛は止めたほうがいいみたい~

手打ちそば もり

新宿区高田馬場1-3-10

℡ 090-1764‐1136

営業時間 11:30~14:30 18:00~20:30

休業日 毎週月曜日

« 打心蕎庵(代沢 世田谷) 雨のお庭を見ながら常陸秋そば | トップページ | 蕎麦処 ささい(武蔵野市) 初訪問 本格手打ちの二八の鴨せいろ »

コメント

おおお~っ、「もり」さんへ行かれましたか! 狭いですが、お酒のアテも、お酒も、蕎麦もいいでしょう~しかも、安いですし~小生も行きたくなりました。7人で一杯ですので、たまに満席で入れないこともあるので、なかなか行けないんです・・・・(^^;

まあやん様
 
 行ってきました。よかったですよ。これだけいただいて、2300円でした。
 夜に ゆっくり行ければ、もっといいですね。

はじめまして。
トラバさせてください。

ランチタイムにお酒と一緒に楽しまれたんですね!
羨ましいです。

ユミコ様

ブログおもしろかったので、
リンク貼らせていただきました♪

ここは肴がとても魅力的です。
カウンターだけで、ちょっと狭いですけどね。

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: もり(高田馬場) 酒肴三点盛りで一人蕎麦前、三色そば:

» 高田馬場「もり」 [新・飲み食いブログ]
このお店とのお付き合いは十年以上前からになりますが、久し振りに訪問しました。 [続きを読む]

« 打心蕎庵(代沢 世田谷) 雨のお庭を見ながら常陸秋そば | トップページ | 蕎麦処 ささい(武蔵野市) 初訪問 本格手打ちの二八の鴨せいろ »

2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30