keiむさしのtwitter

無料ブログはココログ

« 平鶴(網代 静岡県) 自家製カラスミ Get!(番外編) | トップページ | 多賀(上多賀 静岡) 静岡 蕎麦の旅① »

2010年2月17日 (水)

吟(小平) 初訪問!蕎麦前に悦凱陣、宗玄&牡蠣三昧!

Dsc02054

大好きなブログつれづれ蕎麦で紹介された

牡蠣蕎麦と日本酒が頭から離れなくって、とうとう連れと行ってきました。

西武新宿線小平駅北口徒歩3分、手打そば 吟

Dsc02064

こじんまりとした落ち着いた店内。テーブル席は二人がけ用が3つと四人がけ用が1つのみ。

これではあっという間に満席になっちゃうな。なんて心配しながら奥の二人用に腰を下ろす。

先客は一人。蕎麦前を楽しまれている。

今日は久しぶりに電車

久しぶりにじっくり飲むぞ~。

店主お一人のようで、なかなかお品書きも出て来ない。

ちょっと不安になる。

しばらくして「お待たせしました~」。

お品書きにはお蕎麦もさることながら

大好きな銘柄が並んでいてどれにしようか連れとモメル

結局私は  「参燗酒」(燗にお薦めのちょっと小さめの利き酒三種)

連れは    宗玄 無濾過純米生原酒 の燗

肴に     牡蠣玉とうふ、イカの肝焼き、蕎麦味噌

お蕎麦は  牡蠣蕎麦  

        重ねせいろ (もりそば 二枚分)

Dsc02069

Dsc02065

 

Dsc02066

お酒はこれ以外にも

鶴齢 無濾過生原酒

開運 無濾過生原酒

諏訪泉

酔右衛門

等、好みが多い

参燗酒のセレクトも何が来るか、わくわくしちゃいます。

Dsc02055

来ました~。酔右衛門(岩手)、十旭日(島根)、湖孤艪(滋賀)←こころと読む

徳利がかわいい~。

銘柄は親切に、順番に記入されている。

う~む、十旭日以外はいただいたことがない。

Dsc02059

酔右衛門は生原酒の泡が立っている。初めてのお酒だけどうま~い。

Dsc02060

十旭日は色が少し違う。(竹鶴みたい)熟成香あり。これもおいし~い。

Dsc02061

こころ、一番くせがなく、すっきりとしている。最初はつまらないと思ってけど、何回か飲み、料理と合わせて飲むうちに、「料理をじゃましないいいお酒だな~」と実感。

Dsc02062

お通し。煮物。この大根がおいしかった。

Dsc02063

蕎麦味噌。蕗の味もしたんだけど、入っているかな?

ちょっと甘め、お酒に合う~。

Dsc02071

牡蠣玉どうふ

これ、、めちゃめちゃおいし~い!!

出しのしっかりきいた汁に、とろみがしっかり。豆腐、きのこ、牡蠣(大きいの!)を煮込んで、かき玉で仕上げ。三つ葉、とゆずの香りがいい。

あっつあつです。牡蠣はぷっくり、まわりはコーティングされて旨みがしっかり閉じ込められ、火も通り過ぎていない。

あまりにおいしくって、実は本日の我が家の夕飯はこれを真似してしまいました。(牡蠣なしでしたが)

Dsc02073

冷え切っていた体がぽっかぽかになりました。

Dsc02075

イカ肝焼き。

葱がおいし~い。緑色の部分がなぜかおいし~い。

イカはとってもやわらかい。

お酒がすすみます。

Dsc02070

お蕎麦屋さんで悦凱陣が飲めるなんて、初めてかも。(私の知ってる限りでは)

せっかくだから、いただいてみる。

久しぶりの悦凱陣(雄町)は、思っていた味とすこ~し違っていた。

日本酒って不思議。熟成の期間や出来た年によって表情が違うし、いい意味でも悪い意味でも大化けすることがある。

一期一会

生産量はそんなに多くはないので、人気がでると、あっという間になくなってしまって、手に入らなくなる。

「この表情をしたお酒は、もう会えないのかな?」

なんて、うれしいのに、ちょっとさびしい気持ちになる。おいしい日本酒との出会いはいつも複雑。(大袈裟な(;一_一)

あっという間に飲んでしまい、お蕎麦の前に「今日いただいたなかで一番飲みたいお酒」をあと一本。連れと相談する。

めずらしく

「宗玄!」

と一致する。そしてお蕎麦もお願いする。

Dsc02078

来ました。

重ねせいろの最初の一枚。

こんもりと本当に美しい!!まじそそられます。

横から少しいただく。

Dsc02080

蕎麦の存在感が圧倒的。きめ細かいようでしっかりざらつき感あり、のどが洗われるよう。

うまい~。

汁もちょといただく。

すっきりしたバランスのよい汁。すこ~しだけ甘さがあるかな?

のど越しもよく、細切りの長さがしっかりあるきれいなお蕎麦。

あとで確認したらつなぎは外一で打っているとのこと。

Dsc02081

連れは(まだあまりお蕎麦をいろいろ食べてないのだが

「今まで食べたお蕎麦のなかで一番おいしい!」

と感激しておりました。

私も一番かどうかは、まだ決められないけど、もちもちしていて、とっても好み。

常陸秋蕎麦は今のところ一番おいしいと思う。

Dsc02082

夢にまで見た

牡蠣蕎麦

見事です。目で圧倒されました。

Dsc02083

あったかいお蕎麦もおいし~い。

蕎麦はしっかりしていて、のどを通る静かなざらつき感もなんともいい~。

牡蠣の火加減も絶妙~。

汁→蕎麦→牡蠣  と三角形に、はふはふいっていただきました

Dsc02084

蕎麦湯はとろっとしたタイプ。

もう最後までおいしくいただきました。

最後に店主にお酒とお蕎麦の感激を伝え、日本酒の話等、いろいろ聞かせていただく。

聞くところによると他にもまだメニューには載ってない日本酒があるようです。

それもまた次回の楽しみです。

ごちそうさまでした。

石臼挽き手打ちそば 吟

小平市美園町2-9-7

電話042-344-7732

定休日:月曜日(但し不定休。電話で確認した方がよいとのこと)

営業時間:11:30~14:30(L.O.)

       18:00~20:30(L.O.)

« 平鶴(網代 静岡県) 自家製カラスミ Get!(番外編) | トップページ | 多賀(上多賀 静岡) 静岡 蕎麦の旅① »

コメント

うれしい♪、です、すぐ行かれたんですね。

ここ、いいですよね~。
ご主人おひとりの時は、(たまに花番さんがいるのですが)ちょっと時間かかるけど、お料理はどれも美味しくてボリューム満点で、CPよすぎ。
(その代わり、一人だといろいろ頼めないのが悲しいのですが…)
牡蠣が終わった後の、帆立貝柱と豆腐の玉子とじの小鍋も、又いいんです♪
それと、この烏賊肝焼き、私も大好き。

お蕎麦も、牡蠣蕎麦も、そしてお酒も!
喜んで頂けたようで、なんだかとってもうれしいです。
楽しく読ませて頂きました(^^)

yuka様

コメントありがとうございます。
ここはまず蕎麦がとってもおいしい上にお酒の品揃えがいい!(というか私の好みにぴったり)そして肴がうまい!なかなかこれだけ揃っているところはありません。感激です

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 吟(小平) 初訪問!蕎麦前に悦凱陣、宗玄&牡蠣三昧!:

« 平鶴(網代 静岡県) 自家製カラスミ Get!(番外編) | トップページ | 多賀(上多賀 静岡) 静岡 蕎麦の旅① »

2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30