keiむさしのtwitter

無料ブログはココログ

« ようこそ。日本酒と蕎麦との出会いを綴ります。 | トップページ | 中清(吉祥寺) 初訪問 »

2009年12月14日 (月)

横浜舶来館グルメフェアーに行ってきました。(ワイン飲みまくり)

Photo_3 ドイツワインと言えばマドンナのように甘ーいワインを想像される方が多いのでは?実は私がそうでした。数年前ドイツワインでも比較的甘くないリースリングワインがあることを知り、そのフルーティで気品のある味わいにやっぱり取りつかれてしまいました。

そんなリースリングワインを中心に世界のワインが試飲できる夢のような会があると知り、連れて行ってもらいました。

Photo_4 ワールドポーターズ6階。ワインブティック伏見http://wine1999.blog121.fc2.com/さん主催。

まず入り口で受付を済ませ、ワイングラスをもらう。まずはスパークリングワインからスタート。

「まずは口を洗って下さい。」といただいたのが発砲ワイン誕生の地(リムー地区)でつくられたブランケット・ド・リムー(辛口)(ドメーヌ・ド・トレイユ)2800円

 私の単純な舌は、結局この最初にいただいた、(すっきりしているが上品な)この発泡酒に惹かれてしまい、甘口も合わせて購入することになった。

 この後、スパークリングも6種類ぐらいいただき、もう酔いを感じ始めている自分にきづく。『まだ5分の1も進んでない!最後まで辿りつけるだろうか。』 セーブしようと思うが、注がれるワインはもったいなくて結局飲みほしちゃう。

 次はフランス、アルゼンチン、ルーマニア、チリ、アメリカ、オーストラリアと飲みまくる。

 意外だったのは「これがコストパフォーマンス1番だな」「家飲みように何本か欲しい」と思ったワインが、連れが選んだワインと同じだった!!こんなにたくさんある中で、よくも同じワインを選んだな。なんて、妙に感心してしまう。(結局↓のワインを2本ずつ買ってしまった!)

Photo_5 マクギガン・マッキノンズ社(豪)

シャルドネ/シラーズ 各880円

そしてやっとドイツワインの辛口にたどりついたー

全部で48種類。辛口、やや甘口、超甘、貴腐、アイスと順番に並んでいる。リストも全種類4枚でいただく。後で数えたら20種類も飲んでいた。

結局ドイツワインの甘さの魅力に、改めて気づき、辛口では物足りなくなって、やや甘口1本、超甘1本、アイスワイン1本買ってしまうのだった。

 ラインヘッセン ニアシュタイナーオルベルゲヴェルトラミナーシュペトレーゼ 2730円(とっても個性的。不思議な葡萄の香り)

 ファルツ ボッケンハイマーキーゼルベルクグラウブルグンダーアイスワイン 2100円(小瓶、例えて言えばチョーヤ黒糖梅酒のような食後に少しずつ飲みたいお酒)

 ラインガウ オーストリッヒャー レンヒェン リースリング カビネット 2940円

こんなに買ってしまったのは、5000円以上送料無料になるのと、お会計時にはずれなしの割引(最大無料、最悪10%引き)が当たるくじを引けるとのこと。ひそかにくじ運を祈る。

Photo_6最後にバーニャガウダ(1000円)を買おうと男の台所に向かう。ここは唯一のお酒以外の出店。世界中のおいしいものが揃ってる。

しかし遅かった!さっき、売り切れてしまったとのこと。 始めのうちに、ゆで野菜につけて試食して、2本は買おうと思ったのに!!

 他イベリコ豚も試食する。牛肉かと思うくらい赤みが強いお肉。塩コショウだけの味付けでもめちゃおいしい!ここの商品は。インターネットでも申し込みできるとのこと。http://otokonodaidokoro.com/

 結局くじは、友達が20%引き!我が家は10%引きで終わりました。

Photo_8

Photo_7 帰りはクイーンズスクエアとランドマークのクリスマスデコレーションを見て、陳健一さんの麻腐豆腐店でやっぱりおいしい麻腐豆腐定食(1050円)生ビール(550円)を食べて、舌をびりびり痺れさせながら、大満足でみなとみらいを後にするのであった。

Xmas_2

Xmas

 

« ようこそ。日本酒と蕎麦との出会いを綴ります。 | トップページ | 中清(吉祥寺) 初訪問 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

« ようこそ。日本酒と蕎麦との出会いを綴ります。 | トップページ | 中清(吉祥寺) 初訪問 »

2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30